千葉県の不用品回収業者比較

ミツモア

ミツモアは簡単に不用品回収の業者探しができる比較サイトです。

 

不用品回収業者の登録数は日本最大級で、地名や郵便番号を入力することで自宅近くにある不用品回収業者を探すことができますよ。

 

依頼者数は7万人以上で、見積もり請求は選択肢をクリックするだけでOK。

 

たった2分で依頼できるので面倒くさがり屋の人や時間がない人にもぴったりです。

 

また1回の見積もり請求で最大5人のプロから不用品回収の提案と見積もりが届くので、手軽にそれぞれの業者を比較できるでしょう。

 

さらに、ミツモアではチャットを利用することで、不用品業者とやりとりすることができるので、どの業者に依頼するのか決めやすいです。

 

口コミ評価なども掲載されているので参考にしてみるとよいでしょう。

 

ヒカカク

ヒカカクは売りたいモノの買取価格を比較できるサイトで、一括査定の申し込み、買取業者探し、買取相場の把握などに利用するのがおすすめです。

 

自宅にあるいらなくなった不用品を処分したいという場合には、ヒカカクを利用して買取業者を見つけてみましょう。

 

ヒカカクの一括査定申し込みは商品情報を送信すると、最大20社から一括で査定結果を受け取ることができるので、業者を比較しやすいです。

 

また買取業者探しにおいては、地域や買取方法など、自分が希望する条件を入力することで、条件にあった業者から査定を受けることができますよ。

 

そのほか、商品情報を入力し、買取相場を把握したり、最高買取価格を調べたりすることもできます。

 

千葉県の不用品回収業者選びにはぜひヒカカクを活用したいですね。

 

不用品を買取してもらう場合

大塚家具の家具買取

大手家具メーカーである大塚家具では家具の「下取り・買取り」を行っています。

 

下取り・買取りできる家具は、大塚家具以外の他社ブランドでもOK。

 

下取り・買取家具を知り尽くした専門のスタッフが1つ1つ丁寧に査定し、家具の下取り・買取りを行ってくれますし、圧倒的な実績があるので安心感もあります。

 

また、申込から最短3日で査定が可能なのですぐに買取りしてもらいたい人にもぴったりです。

 

また、下取りであれば査定金額が20%アップ+家具の引き取り料金が無料になるのでさらにお得ですよ。

 

Webでのお問い合わせであれば、売りたい家具の写真を撮影して、フォームに送付するだけ。

 

24時間受付可能で、無料でWeb査定してくれるので手軽に利用できそうですね。

 

不用品を無料で引き取って欲しい場合

ジモティ−(千葉)

https://jmty.jp/chiba/ser-res
不用品を無料で引き取ってほしい場合、ジモティー(千葉)を利用してみましょう。

 

ジモティーは「地元の掲示板」であり、地元情報が満載。

 

不用品を処分したい人、無料で引き取ってほしい人がジモティーに書き込むことで、それを欲しいという人と連絡を取ることができます。

 

登録料や手数料は全て無料で、掲載料も一切かかりません。

 

相手とのやり取りはジモティー内のチャットで簡単に取引ができるので個人情報の心配もありません。

 

投稿は無料で行え、投稿した後は問い合わせが来るまで待つだけでOK。

 

受け渡し場所などを相談して決定すれば、不用品を無料で引き取ってもらえるでしょう。

 

不用品業者に依頼すると、処分するのに費用が掛かりますが、ジモティーを利用すれば無料で処分できますね。

 

ニトリの家具引き取り

ニトリでは家具の引き取りサービスを行っています。

 

ニトリの家具引取りサービスは、ニトリで配送員設置商品を購入された場合のみ利用できます。

 

また引き取り料として1回の配送につき3000円(税別)が必要です。

 

引取りサービスの条件として、「購入した商品と同数量であること」または「購入した商品と同容量までのもの」になります。

 

引き取りしてくれる家具は、ニトリ製品以外の他社ブランドでも対応可能です。

 

さらに購入したニトリ製品が玄関先までの納品である場合は、引き取り対象品をお客様自身で玄関先まで移動させておかなければなりません。

 

千葉市による不用品回収業者の注意喚起について

千葉市では違法な不用品回収業者に対して注意喚起を行っています。

 

軽トラックなどで千葉市内を巡回して、家具・家電などの不用品の処理を請け負う違法業者が多発しています。

 

また、空き地などに拠点を構えて、無料回収と大きく看板を掲げている業者も違法業者です。

 

違法な不用品回収業者は千葉市から「一般廃棄物収集運搬業」の許可を受けていません。

 

許可を得ていない業者が不用品回収を行うのは違法行為であり、依頼する側も適正な処理ができる不用品回収業者を選ぶ必要がありますよ。

 

違法な不用品回収業者は、無料で回収すると言っておきながら、後になって高額請求するケースがほとんどです。

 

トラブルに巻き込まれないようにするためにも、違法な不用品回収業者は利用しないようにしましょう。

 

家電・電化製品(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機)はどうやって処分したら良い?

買い替えの場合

エアコン、テレビ(液晶、プラズマ、ブラウン管)、冷蔵庫(冷凍庫)、洗濯機(衣類乾燥機)は「家電4品目」と言われており、処分する際にはリサイクル料金が必要となります。

 

リサイクル料金とは処分に必要となる費用であり、このリサイクル慮金は製造メーカーによって金額が異なります。

 

新しい家電に買い替える場合、家電4品目の処分は、新しい製品を購入するお店に引取りを依頼します。

 

基本的には自宅に新しい製品を設置してもらう際に、古い家電を引き取ってくれますよ。

 

処分の場合

買い替えではなく処分する場合は、購入したお店に引取りを依頼します。

 

購入店で家電リサイクル券を記入して料金を支払って処分してもらいましょう。

 

購入したお店が引っ越しなどで近くにない、どこで購入したか忘れてしまった…という場合には指定引取り場所に自分で持っていくか、市区町村の指定業者に収集を依頼します。

 

指定引取り場所に自分で持っていく場合は、郵便局で家電リサイクル券を記入し、料金を振り込み、指定された引取り場所に自分で持っていきます。

 

また、市区町村の指定業者に収集依頼する場合は、お住まいの自治体に問い合わせしてみましょう。

TOPへ